今月のイチ押し技術

食糧・食品安全技術

農業などの食品生産技術や、食品加工等に関する技術です。

今月の、食糧・食品安全分野イチ押し技術はお休みさせていただきます。

◆ 食糧・食品安全技術 バックナンバー
掲載月 シーズタイトル 研究機関
2012年7月 放射性セシウムを吸収しない作物や野菜の研究・開発別サイト 島根大学
2012年7月 刺激伝達物質処理による沈香の人為的な生産促進別サイト 鳥取大学
2012年6月 昭和電工株式会社と共同でLED植物育成工場における新たな栽培法を確立 ~ライセンスの供与と栽培設備の販売を開始~別サイト 山口大学
2012年5月 「光」を活用した食料・農産物の病害防除技術の開発別サイト 島根大学
2012年5月 ローヤルゼリーによる放射性物質排泄加速化の可能性別サイト 岡山大学
2012年5月 大麦の酸性土壌環境適応力を解明別サイト 岡山大学
2012年5月 殺さずに病原菌の病原性を制御する化合物の発見別サイト 岡山大学
2012年5月 年末年始どり栽培に適し、レタスビッグベイン病抵抗性を持つ レタス新品種「ウインターパワー」別サイト 近畿中国四国農業研究センター
2012年1月 シトルリン高含有スイカ酒 およびスイカ酢の製造方法 鳥取県産業技術センター
2012年1月 ショウロ培養菌糸体接種による子実体生産技術 鳥取県農林総合研究所
2012年1月 青枯病ワクチンの開発とその有効利用法別サイト 広島大学
2012年1月 晩播栽培において多収で、味噌の原料に好適な大豆新品種「あきまろ」別サイト 近畿中国四国農業研究センター
2011年10月 リサイクル資材を用いた省力型節水野菜栽培 鳥取大学
2011年10月 水産物由来タンパク質の健康機能性について 鳥取短期大学
2011年10月 国際宇宙ステーション船外で保管した大麦種子の生存能力を確認別サイト 岡山大学
2011年8月 捨てられていたカニボイル液を高品質濃縮エキスに変身させる技術(特許)を開発しました 鳥取県産業技術センター
2011年7月 腎臓病患者向け低カリウムメロンの生産 島根大学
2010年12月 陽イオン交換体を用いた簡便なプラスミドDNA抽出法 島根県産業技術センター
2010年10月 短稈コシヒカリの開発法 鳥取大学
2010年10月 体脂肪の蓄積を抑制する食品成分とその機能 岡山県立大
2010年9月 チリメンジャコのビタミンD3を増加させる方法
鳥取県産業技術センター
2010年9月 アミノペプチダーゼを用いた多様なジペプチドの生産法 鳥取大学
2010年8月 農業生産者と消費者における相互支援システムの開発と普及 岡山大学
2010年6月 酵素工学的技術や食品廃棄物を利用した食品の安定性改善 近畿大学工学部
2010年6月 天然由来生理活性成分に関する有機化学的研究 県立広島大
2010年6月 水産資源から化学シャペロン候補物質を探索する 鳥取大学
2010年6月 動物および培養細胞を用いた食品機能性成分の抗酸化能の評価 鳥取大学
2010年5月 天然資源からの生理活性物質の開発と機能性評価 県立広島大
2010年5月 調理・食品加工過程の食品成分の変動に関する研究 県立広島大
2010年5月 細胞・組織情報のイメージ化技術とその応用 島根大学
2009年9月 糸状菌の二次代謝産物による植物保護と農薬の検索 米子高専
2009年9月 桜の花から野生清酒酵母の採取 宇部高専
2009年8月 菌根菌を用いた緑化工法の開発 徳山高専
2009年8月 天然物を利用した機能性食品と機能性材料の研究 米子高専
2009年5月 DNA解析を応用した新たな優良国産鶏の効率的創出 広島大
2009年4月 ギャバ(GABA)を高濃度に含む健康機能性米の開発 島根大
2009年3月 迅速なきのこのDNA鑑定(毒きのこ中毒の診断法) 鳥取大
2009年3月 「防根給水ひも」によるトマト・メロンの砂栽培手法 岡山大
2009年2月 キノコを利用したアルコール、キシリトールの生産 鳥取大
2009年2月 微生物の有用物質生産能力を高める省力的かつ効果的な育種 岡山大

このページのトップに戻る