提供するサービス

特徴ある技術情報提供ができます

参加大学の関連シーズ技術を、一目で見渡せるのが、最大の特徴です。
これにより、技術を求める企業様は勿論のこと、大学等に所属する研究者・先生方も類似する研究分野の相関を確認できます。
こちらに掲載されている「面的特許・技術紹介」で、詳しくご紹介しております。

今月の一押し技術」では、大学や高専で開発された新規技術を、分野別にいち早く紹介します。
また、分野が多方面に及ぶような基礎技術(=「マグマ技術」と呼称)についても、 その根本原理と想定される応用分野などの紹介を致します。

このマグマ技術については、製品開発を目指す企業様との共同研究、 あるいは大学連携による共同研究へ、発展することを想定しています。

このページのトップに戻る

企業向け「研究開発 意見交換会」メンバーの推薦サービス 

このサービスは、「(企業内での)開発計画策定やプロジェクト評価のために、研究開発意見交換会メンバー(以下『専門家』とします)を推薦するサービス」です。

現在、多くの企業で、自社内の研究テーマ策定や成果の判断、ステアリングの適正化などに悩まれているケースが散見されます。
そこで、さんさんコンソでは分野別の専門家を推薦するサービスを開始しました。

企業へ紹介された専門家は、その経験と社会動向や研究トレンドに精通した立場から、企業における研究業務へのコメントを行います。
但し、発言への責任や義務は発生しません。

推薦する専門家は「さんさんコンソ」に参加する正会員校(28校)の研究者で、主に教授クラスの方々です。

<流れ>
1.お申し込み
希望する分野を指定して事務局にご連絡下さい。

2.推薦者の名簿お渡し
所属や研究分野を明記した上で、複数の専門家の推薦リストをご連絡します。

3.依頼先選定
お渡しした推薦リストを元に依頼先を選び、個別に協力のご依頼、条件等を専門家に打診下さい。

4.意見交換会の実施
実施におかれましては、参加専門家に対し、旅費と謝金の支給をお願いします。

希望する研究開発意見交換会メンバーの専門分野、概要など、何でもさんさんコンソ事務局へご相談下さい。

詳細は、こちらを参照ください。
   ・「研究開発意見交換会メンバー(専門家)推薦サービスについて」

このページのトップに戻る

こんなサービスもしています

研究機関側の、知財取扱スキルの向上も、当コンソ事業目標の一つです。
現時点では残念ながら、各機関の担当者が、必ずしも産学連携業務に精通しているわけではありません。

しかし今後、特許使用許諾、成果有体物提供、ノウハウ提供、技術指導など、多面的な技術移転の形態が発生し、各種の契約対応に迫られることが予想されます。当コンソでは、これらの基礎的業務スキル向上の為に、以下のサービスを行っています。

  • その機関に適切な、知財教育メニューのご提案
  • セミナー開催や、事例説明(WEB会議等)の実施
  • 契約書等ドキュメントの雛形ご提供
  • 「特許事務管理マニュアル」のご提供

知財教育メニューの例については、こちらの各年度の資料をご覧ください。

このページのトップに戻る

ご希望あればとことんお付き合いします

関心のある技術について、ホームページやCPAS-Netを見ただけでは、得られる情報が十分でない可能性もあります。

そのような時は、ご遠慮なく当コンソのプロデューサーへご相談下さい

プロデューサーが、ご質問内容に的確にお答えします。
必要があれば、大学等の研究者へ問い合わせ、その結果をご報告します。 更に詳細なご質問、あるいは研究者への接触等のご要望があれば、各大学等所属の産学コーディネーターを仲介し、研究者への直接相談などを設定させて頂きます。

また、企業様が直面している技術課題や、製品トラブルなどの解決技術についての相談も、承ります。専門的な技術課題であれば、前述のように、適任の研究者をご紹介させて頂きます。

相談については、すべて無料です。(無料で出張も致します)

まずは、プロデューサーへご連絡ください。
ニーズへの回答、課題解決へ向けてとことんお付き合いします。

※各研究者との共同研究や、具体的なノウハウ提供・技術指導については、 各大学等の契約に従うことになります。ご了承ください。

このページのトップに戻る

プロデューサーのご紹介

産学官連携プロデューサーの業務は、以下の通りです。

  • ホームページ、CPAS-Net掲載情報に関するお問合せの受付
  • 情報検索作業の支援、及びコメント
  • 企業と大学等研究者との橋渡し

こちらの 連絡先 まで、どうぞお気軽にご相談ください。

産学官連携プロデューサー 2015/04/28 更新 new
oikawa 及川 信三 (おいかわ しんぞう)  医学博士
略 歴

1980年 サントリー株式会社入社 生物医学研究所勤務
1994年 同 創薬第3研究所 主席研究員
2007年 アスビオファーマ株式会社 探索科学研究部長
2010年 同 研究開発企画ファカルティ 主席
2015年 鳥取大学 産学・地域連携推進機構
      産官学連携コーディネーター

このページのトップに戻る